FC2ブログ

レンのソフトより(!?)なSM調教簿

長崎で活動してるS男レンとM女たちとの快楽的な(ソフトSMの)記録

バイブで責める!!

レン「動けないでしょ」
奴隷をソファーの上で拘束し、調教の準備は万端だ
まずは、彼女の右の乳房を責めることにした
バイブで乳房を押すと
プリンのようにおっぱいが形を変える
バイブをブラの中に潜り込ませて、ブラで乳首に抑えつけると
パチンッとブラが鳴るのと同時に奴隷の声が少し強くなる
乳首に直接バイブを当ててやると、徐々に奴隷が余裕をなくしていく
更に乳首を責めるために乳搾りをするように乳房をつかみ
乳首を押し出す
奴隷の視線は右乳首に集中し、バイブで責められるのを今か今かと
待っているようだった
バイブ 待機

マン○の方に目を向けてみると、どろどろにぬれていた
指ですくってみると、納豆のように糸を引いた
レン「もっと気持ち良くしてやろうか?」
クリをむき出しにし、バイブを当てると今までで一番の大声で泣いた
引き続きクリに当てていると
奴隷は「ダメダメ」言いながら、必死に頭と足をバタバタとさせる
レン「おい」
レン「続けていい?」
奴隷「ダメっあああ」
奴隷「やだっもっああああ」
レン「もうちょっとで逝けるだろ?」
奴隷「ああ、もうやだあああ
   だめえええええ
   もういったあああああああ」
本当はまだ逝ってないようだったが、限界だったみたいなので
バイブをクリから離してやった
奴隷は肩で息をしてて、相当キてたらしい
少し落ち着いたのを見て、顔を向けさせる
レン「まだ、終わってないよ?」
バイブ 糸引き

レン「なにこれ?とっろとっろじゃん
   見てて」
双頭バイブを奴隷の秘所に突き入れる
奴隷は体を震わせるが、声は出ない
スイッチが入り振動が伝わると「あっ、」と声が漏れると同時に
奴隷の体が大きくふるえた
バイブをゆっくりと出し入れする
徐々にピストンの速度を早めていく
奴隷「ああ、だめぇ、そんなに強くしちゃぁ」
レン「もうすぐだ。続けるからな。」
奴隷「え、え、だめぇ。
   いやぁぁ」
口から涎を垂れ流しながら懇願する。
レン「振動もあげるよ♪」
スイッチを入れると、奴隷は体を揺らし、必死の抵抗を見せる
しかし、それを押し付け快感を与え続けると・・・
先ほどまでの大きな喘ぎ声が止み、
小さくあっ、と声が漏れて体がビくんビくんと震えていた
どうやら今度は本当にイッタようだった
バイブ ヨダレ


バイブ 終了




メールを送りたい方へ
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2016年08月10日 23:44 ] カテゴリ:調教簿 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

REN

Author:REN
レンのブログへようこそ!
20代半ばの♂
長崎在住
詳しいプロフィールはこっちです
相談や調教依頼など、勇気はいると思いますがどうか気楽にどしどし下さい
あなたがソフトSMにドハマりするのに必要な一歩を差し出させましょう

話を聞いてほしい人はこちら

最新コメント
ツイッター
検索フォーム
QRコード
QR