FC2ブログ

レンのソフトより(!?)なSM調教簿

長崎で活動してるS男レンとM女たちとの快楽的な(ソフトSMの)記録
レンのソフトより(!?)なSM調教簿 TOP  >  調教簿 >  イラマチオと言葉責めをオネダリ

イラマチオと言葉責めをオネダリ

待ち合わせ場所から徒歩でホテルに向かう
向かっている間はたわいない世間話をして、緊張をほぐす
胸の大きさを聞いてみたら、「E」カップで、ここ最近のSEXの頻度は「ちょこっと」だそうだ
そうこうするうちに目的のホテルに到着した
あらかじめ、メールで彼女のやってみたいプレイを聞いていた。
彼女のリクエストは「強く言葉責めを受けながらイラマチオされたい!」というドM全開なものだった
部屋に入ると、早速リクエストの内容を復唱させたイラマチオ奴隷 挨拶

あえて服を着せたまま、舐めさせ易いように奴隷を跪かせる
レン「舐めろよ…っ!
   してくれるんだろ!」
レン「俺が変態だと・・・、おまえはマゾ変態といったところか」
レン「ほらッ奥までくわえろ!」
レン「しゃぶれ!!ねぶれ!!なめろ!!」
レン「何か言ってみたらどうだ??」
もちろん、奴隷はイラマチオされてるから何も言えないのだが、俺はさらに責めを続ける
レン「弄れよっ!ソレで感じるんだろ…っ!!」
強引におっぱいを外気にさらす
レン「びしょびしょだぞッ!!」
ヌチヌチとマンコから淫靡な音が聞こえるイラマチオ奴隷 開脚

レン「吸え!ナマイキ娘に精液たっぷり出してやる。イクゾ!イクゾ!!」
ビルルと勢い良い音を出しながらザーメンが放たれる
レン「おおおおおーー!!!射精る、出るッっ!!」
ドクンドクンと脈打ちながら、奴隷の喉奥に精液が流れる
レン「飲めよ、雌ブタァっ!!」
服を脱がし、ボディチェックをするように、奴隷の体をぺたぺたと触っていく
マン毛が綺麗に▽に剃られているのに気づき、そこを指でなぞった
すると奴隷は恥ずかしくなったのか、はにかみながら俺の指に手を重ねた
レン「どうした?イクときはちゃぁんとイきますって言えよ」
奴隷「あああん」
甘い声が強くなる。彼女はどうやら言葉責めに興奮するみたいなので、言葉多めにSM調教していく
レン「女なんて性欲処理の道具でいいんだ。このまんこは俺の物だ」
奴隷「はい、私はただの性処理のための存在にしかすぎません…っ!マンコもご自由に御使いください!!」
レン「俺のチンポでねじ伏せてやる!!」
ペニスを強引にマンコに差し込んだ
奴隷「あ…っ、んん…っ」
レン「どうだ?これがいいのかぁ?」
奴隷「い…っ!いいのお…っ!もっとぉ…っ!して下さい…っ!」
がくがくと体を揺らし、情けないアへ顔を晒しているイラマチオ奴隷 馬乗り

奴隷「調教好きぃ。我慢できん。
   もっと、して欲しいわぁ。毎日してほしぃ・・・調教を、エロ漫画みたいに
   毎日してほしい」
レン「おいおい、口調が砕けてるぞ。こんなんじゃお預けだな。ダメな奴隷だ!!」
奴隷「そんなぁ…もっと私を虐めてください、使ってくださいぃぃぃ」
レン「もっといっぱいしてやらんこともないぞ?」
奴隷「本当ですか?私、何でもします!」
そこで、俺はいったん奴隷から手を放し、奴隷に腰掛ける
ヘロヘロになった奴隷。しかし俺の逸物はまだ興奮状態のままだった
しかし、奴隷の顔に俺のアナルを近づけると、夢中になってアナル舐めを始めた
舌を激しく抜き差しし、アナルをおいしそうに舐め尽くし、腸液もペロリと舐めて全て飲み込んでしまうスケベ奴隷
このままでは、暴発は避けられないので、奉仕を中断させ、マンコにちんこを突撃させる
これまで酷く扱われ散々辱められたというのに、奴隷は、タガが外れたかのように感じまくってイキ狂う
レン「出すぞ…っ!マゾ犬…っ!射精すぞ…ッ!!」
奴隷「すごいの…っ、くるの…っ!イク…っ!イクのお…っ!」
ビュルンとペニスからザーメンが発射される
これをきっかけに奴隷は自ら何処までも快楽地獄へと堕ちていくのであった・・・!!
イラマチオ奴隷 イッた



メールを送りたい方へ
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2016年10月08日 20:21 ] カテゴリ:調教簿 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

REN

Author:REN
レンのブログへようこそ!
20代半ばの♂
長崎在住
詳しいプロフィールはこっちです
相談や調教依頼など、勇気はいると思いますがどうか気楽にどしどし下さい
あなたがソフトSMにドハマりするのに必要な一歩を差し出させましょう

話を聞いてほしい人はこちら

最新コメント
ツイッター
検索フォーム
QRコード
QR